• ホーム
  • カンジダ治療薬「フォルカン」の効果や使用方法・副作用を理解しておこう

カンジダ治療薬「フォルカン」の効果や使用方法・副作用を理解しておこう

病原体

フォルカンはトリアゾール系の抗真菌薬で、真菌の発育を抑えながら体内のカンジダ症に効果を発揮します。カンジダ属に起因している膣炎や外陰膣炎の治療に用いられますが、以前にかゆみや発疹などアレルギー症状が出たことがあったり、腎障害や肝障害・心疾患や電解質に異常がある場合は医師に相談する必要があります。フォルカンを使用していく中で、妊娠や妊娠をしている可能性があったり授乳中の人は注意が必要で、他に薬を服用している場合は、お互いに作用を強めたり弱めたりする可能性も考えられます。他に使用している薬や食品も含めて注意が必要ですが、カンジダ症での使用方法は、一般的に1回の主成分として50?100㎎を1日1回服用します。飲み忘れたときは1日以内で気がついたときに、その時点で1回分を服用し2回分を1度に服用することは避けます。

新生児は生後14日までであれば、主成分として小児と同様の用量を72時間ごと服用していき、15日以降の場合は主成分として同じ用量を48時間ごとに服用します。カプセル中に主成分の100㎎を含有しており、どちらも支持された服用方法に従います。フォルカンには副作用がありますが、吐き気や下痢・発疹やむくみ・発熱などが報告されているので、このような症状があるときは専門医や薬剤師に相談することが大切です。症状が現れた時には使用を中止しますが、その症状は血管浮腫や顔面浮腫・ショックやアナフィラキシー・かゆみなどがあります。

また高熱・紅斑や皮膚粘膜眼症候群や中毒性表皮壊死融解症・口内炎ができ、出血しやすく止まりにくいという状態も見られます。紫斑や倦怠感などの血液障害・尿量現象や手足や顔が浮腫んだりすることもありますし、急性腎不全などの全身倦怠感があります。食欲不振や皮膚・白目が黄色みを帯びる肝障害もあるので、このような症状があらわれた時はすぐに担当医や薬剤師を尋ねます。体調不良や疲れが溜まったときは免疫力が低下しやすくなりますが、その時に菌が繁殖しやすくなり、抗生物質を飲んだ後・妊娠中や糖尿病の人も症状が出やすいです。高温多湿の時期には特に注意が必要で、通気性の良い下着を選んで身に付けるようにします。

フォルカンは1日1錠を膣の中に入れ、6日間連続で行っていき外陰部へ症状があれば軟膏クリームを塗布していきます。通常の治療を行なってもすぐに再発するときは、再び同じ治療を行い年に4回以上再発するときは、医師に相談をして、治療法を見直す必要性があります。

関連記事
カンジダは、悪化させない意識を持っておくのが大切!かかったら速やかに治療を受けよう 2020年06月11日

カンジダ菌は一度暴れ出すと色々な健康トラブルを引き起こす可能性があり、常在菌であるカンジダ菌とどのように付き合っていくかが大切なポイントです。哺乳類は基本的に消化器官を含めて、体の周辺からカンジダ菌をすべて排除することは不可能です。これにより上手に付き合っていくには、菌を一定以上増やさないことやそれ...

カンジダ、治ったとしても再発しやすい病気なので要注意!再び発症しないための予防法とは 2020年05月02日

カンジダ性膣炎を繰り返し再発する人は比較的多いですが、カンジダ症はカビの一種なのでもともと人の体に存在している常在カビです。普段は他の常在菌と一緒に住み分けをバランスよくしていますが、抗生物質を服用すれば特定の菌が退治されるので菌とカンジダのバランスが悪くなり菌だけが繁殖します。抗生物質を飲むことだ...

一度カンジダになってしまった場合の治療期間及び保険適用になるのかを解説します 2020年03月28日

カンジダ治療は膣内の外陰部にある白白苔状のおりものを拭き取った後に、抗カンジダ薬を膣の奥の方へ挿入していき、軟膏は外陰部へ塗布します。治療期間は最低でも10日間連続で行うことが基本で、1週間に1回行う膣坐剤を処方されるケースもあります。4?5日で症状が治まることが多いですが、自己判断で勝手に治療を中...

エンペシド膣錠を使うときに、覚えておきたいポイントを詳しく解説します 2020年01月02日

エンペシド膣錠はカンジダ菌という真菌を殺菌する薬で、カンジダ症による膣炎に効果があります。カンジダ菌は皮膚や粘膜に着く真菌の仲間ですが、本来は少しですが膣内に存在しています。風邪を引いたときや生理の前後など、抵抗力が落ちた時に増殖しやすい傾向があります。外陰部のかゆみがあったり、おりものが増加するな...

カンジダになってしまったら、食事などの方法で改善することができるのか? 2020年02月29日

カンジダは食事との関係性もあり、カンジダ症を再発させやすい人は食生活を改善することで発症しにくくなる可能性があります。糖分を栄養源としているカンジダ菌は、食べても食べても菌に糖分を奪われるので、甘いものをさらに食べたくなるということが多いです。その甘いものへ誘惑を断ち切ることができず、さらに糖分の多...