• ホーム
  • カンジダ、治ったとしても再発しやすい病気なので要注意!再び発症しないための予防法とは

カンジダ、治ったとしても再発しやすい病気なので要注意!再び発症しないための予防法とは

カンジダ性膣炎を繰り返し再発する人は比較的多いですが、カンジダ症はカビの一種なのでもともと人の体に存在している常在カビです。普段は他の常在菌と一緒に住み分けをバランスよくしていますが、抗生物質を服用すれば特定の菌が退治されるので菌とカンジダのバランスが悪くなり菌だけが繁殖します。抗生物質を飲むことだけではなく、生理の前後や風邪をひいているとき・疲れているときやストレスが溜まっているときなどは、菌を抑えている免疫力が弱まるので同様のことが起きます。膣の中には常に水分があり温度も保たれていて、微生物が繁殖しやすい環境でもあり、最近やカビが増えやすい場所なので膣やその周辺へ症状が集中しやすいです。カンジダ膣炎を性病の一種として捉えている人がいますが、性行為で感染することがごく少数で男性に多く、女性はもともと体内にいたカビが大繁殖しただけなので性病とは言いません。

体力が落ちやすくなる寝不足やストレス・不摂生などが慢性的に続く生活をしていると、それだけ発生しやすく治っても再発することを繰り返します。カンジダ症を再発させないためには、生活習慣の見直しが大切で早寝早起きをし、ストレスを溜めない生活を心がけることで解決できます。典型的な症状は白いカッテージチーズ状や酒粕状のおりものや、外陰部の強烈な痒みが多くなりますが、症状が強くなれば外陰部を中心にヒリヒリとした痛みを伴います。治療は膣内を洗浄し膣錠を入れながら、軟膏を塗る方法ですが1週間ほどで治るのが一般的です。診断方法も簡単で膣分泌物を顕微鏡で確認し、カンジダ菌があれば診断をしていきますが稀に見えないこともあるので、培養検査を用いてカンジダが生えるかを確認します。

カンジダ症に対して特に意識をしてしまい、風邪などを患い抗生物質を処方されても飲まない人がいますが、これは逆効果になりやすいです。病気として簡単に治る膣炎ですが、抗生物質で治そうとしている病気の方が重要性が高くなります。膣炎になれば医師に診断をしてもらい、1週間ほどの治療で治ります。かゆみが出たときに以前の治療時に処方してもらった薬を再利用することもありますが、基本的には根本となる膣の中に繁殖した菌を減らさなければ意味がありません。外用薬の軟膏だけではなく、膣錠を用いて治療を進めていく方がしっかり直せますし再発しにくくなり、治ったと自己判断をせず試用期間を守ることが基本です。

関連記事
カンジダは、悪化させない意識を持っておくのが大切!かかったら速やかに治療を受けよう 2020年06月11日

カンジダ菌は一度暴れ出すと色々な健康トラブルを引き起こす可能性があり、常在菌であるカンジダ菌とどのように付き合っていくかが大切なポイントです。哺乳類は基本的に消化器官を含めて、体の周辺からカンジダ菌をすべて排除することは不可能です。これにより上手に付き合っていくには、菌を一定以上増やさないことやそれ...

一度カンジダになってしまった場合の治療期間及び保険適用になるのかを解説します 2020年03月28日

カンジダ治療は膣内の外陰部にある白白苔状のおりものを拭き取った後に、抗カンジダ薬を膣の奥の方へ挿入していき、軟膏は外陰部へ塗布します。治療期間は最低でも10日間連続で行うことが基本で、1週間に1回行う膣坐剤を処方されるケースもあります。4?5日で症状が治まることが多いですが、自己判断で勝手に治療を中...

エンペシド膣錠を使うときに、覚えておきたいポイントを詳しく解説します 2020年01月02日

エンペシド膣錠はカンジダ菌という真菌を殺菌する薬で、カンジダ症による膣炎に効果があります。カンジダ菌は皮膚や粘膜に着く真菌の仲間ですが、本来は少しですが膣内に存在しています。風邪を引いたときや生理の前後など、抵抗力が落ちた時に増殖しやすい傾向があります。外陰部のかゆみがあったり、おりものが増加するな...

カンジダになってしまったら、食事などの方法で改善することができるのか? 2020年02月29日

カンジダは食事との関係性もあり、カンジダ症を再発させやすい人は食生活を改善することで発症しにくくなる可能性があります。糖分を栄養源としているカンジダ菌は、食べても食べても菌に糖分を奪われるので、甘いものをさらに食べたくなるということが多いです。その甘いものへ誘惑を断ち切ることができず、さらに糖分の多...

カンジダを引き起こしてしまう原因は、実はカビの一種によるものって本当? 2020年02月01日

デリケートゾーンに関して一番多いトラブルはかゆみですが、女性なら誰でも一度は経験する可能性があるのがカンジダ症です。カンジダ症はカビの一種が原因で、75パーセントの女性が生涯で一度はかかるとされています。10?30%の女性には膣内にカンジダ菌が常在しているので、風邪や睡眠不足により体調が悪くなったと...