• ホーム
  • エンペシド膣錠を使うときに、覚えておきたいポイントを詳しく解説します

エンペシド膣錠を使うときに、覚えておきたいポイントを詳しく解説します

心配している女性

エンペシド膣錠はカンジダ菌という真菌を殺菌する薬で、カンジダ症による膣炎に効果があります。カンジダ菌は皮膚や粘膜に着く真菌の仲間ですが、本来は少しですが膣内に存在しています。風邪を引いたときや生理の前後など、抵抗力が落ちた時に増殖しやすい傾向があります。外陰部のかゆみがあったり、おりものが増加するなど、不快な症状をもたらし妊娠中にもよく見られますが、胎児に感染するケースも見られます。この薬はカンジダ菌などに効力がある抗真菌薬ですが、菌の細胞膜を壊すことで殺菌することができます。

菌が抑えられるとそれにより、不快なおりものや陰部のかゆみがおさまります。またこの薬はイミダゾール系の抗真菌薬で、膣内へ入れて治療をしていきますしこの系統の薬は効き目が良く、刺激や痛みなどの副作用も少なめです。診察をする際はアレルギー体質の人はあらかじめ医師に伝えておくことで、処方するときの参考になります。エンペシド膣錠は膣内へ用いる膣錠で、使用方法が説明書をよく読んだ上で正しく使用していきます。1日1回寝る前にしようしますが、治療期間は1?2週間で行います。

稀に1回の使用で不快な症状が治まることもありますが、そこでやめてしまうとさらに菌が増殖することもあるので専門家に言われている期間は守るようにします。一般的な挿入方法は両足を広げてしゃがみ、人差し指と中指を用いて膣内の深いところへ押し込みます。この状態が終わればもう一度検査を行い、菌が通常値に戻っているかを確かめます。日和見菌なので健康な人でも常に保菌しているので、数値がゼロになることはありません。できる限り就寝前に用いる方が効果が高いですが、1日のスケジュールの関係でそれが難しい人は決まった時間に行います。一般的に6日間継続使用しますが、さらに完治していない場合は必要に応じて使用期間を延長することができます。

症状により用法用量が異なるので専門家の指示を必ず守ることが基本で、副作用はありませんが逆に痛みやかゆみが強くなる場合は他の疾患である可能性が高いので注意が必要です。稀に刺激感や痛み・かゆみや赤みが出たり、灼熱感もある人がいますが、こういったときはかゆみで掻きむしったことにより、幹部がただれているため発症することが多いです。カンジダ症になった場合でも、初期段階でかきむしることなく治療を始めれば、ほぼ副作用はないので安心して使うことができます。

関連記事
カンジダ、治ったとしても再発しやすい病気なので要注意!再び発症しないための予防法とは 2020年05月02日

カンジダ性膣炎を繰り返し再発する人は比較的多いですが、カンジダ症はカビの一種なのでもともと人の体に存在している常在カビです。普段は他の常在菌と一緒に住み分けをバランスよくしていますが、抗生物質を服用すれば特定の菌が退治されるので菌とカンジダのバランスが悪くなり菌だけが繁殖します。抗生物質を飲むことだ...

一度カンジダになってしまった場合の治療期間及び保険適用になるのかを解説します 2020年03月28日

カンジダ治療は膣内の外陰部にある白白苔状のおりものを拭き取った後に、抗カンジダ薬を膣の奥の方へ挿入していき、軟膏は外陰部へ塗布します。治療期間は最低でも10日間連続で行うことが基本で、1週間に1回行う膣坐剤を処方されるケースもあります。4?5日で症状が治まることが多いですが、自己判断で勝手に治療を中...

カンジダになってしまったら、食事などの方法で改善することができるのか? 2020年02月29日

カンジダは食事との関係性もあり、カンジダ症を再発させやすい人は食生活を改善することで発症しにくくなる可能性があります。糖分を栄養源としているカンジダ菌は、食べても食べても菌に糖分を奪われるので、甘いものをさらに食べたくなるということが多いです。その甘いものへ誘惑を断ち切ることができず、さらに糖分の多...

カンジダを引き起こしてしまう原因は、実はカビの一種によるものって本当? 2020年02月01日

デリケートゾーンに関して一番多いトラブルはかゆみですが、女性なら誰でも一度は経験する可能性があるのがカンジダ症です。カンジダ症はカビの一種が原因で、75パーセントの女性が生涯で一度はかかるとされています。10?30%の女性には膣内にカンジダ菌が常在しているので、風邪や睡眠不足により体調が悪くなったと...

カーネステン膣錠の使用は難しい?使用する際に覚えておきたいポイントを解説! 2020年01月07日

カーネステン膣錠の主成分はクロトリマゾールで、一種の抗菌剤でカンジダ菌に対して増殖することを抑制する効果がとても高いです。カンジダ菌はカビの一種で通常は人の体に影響を及ぼすことなく、体内に存在しています。外陰部や口腔内・爪にどんな人でもカンジダ菌は保有しており、人体とともに共存しているカビです。健康...